読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

世界一周×神経言語プログラミング〜悩み相談の旅準備中〜

脱サラ間近の24歳。実践心理学NLPと旅(主に海外)についての発信が多いです。たまにビジネスについても発信します。よろしくお願いします。

独立に立ちはだかるデカイデカイ壁...

 

こんばんは。かずです。

 

 

今日は20年以上悩まされ続けている

持病について書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

と、言いたい所ですが、明日書きます。

 

 

 

毎日書くと言ったので一応更新だけしておきます。

 

 

 

見て下さっている方、申し訳ないです。

 

 

 

また明日お会いしましょう!

f:id:lonewolfponpoko:20170416231737j:image

せどり業界の飽和?!

せどり業界が飽和した?!』

 

こんばんは。かずです。


いきなりなタイトルでビックリされたかもしれません。


今日のテーマは
せどり業界の飽和とニッチ」です。f:id:lonewolfponpoko:20170415091224j:image


私のブログやLINE@の読者さんはせどり経験者が多いです。

 


ネットビジネスにも流行りがあります。


せどりが注目を浴びる時期もあれば
アフィリエイトや情報発信が注目を浴びる時期もあります。

 


質の高い情報は


成功されている有名人から


徐々に下りてきます。

 


そして

感度の良いアンテナを持った方がその情報を実践し、結果を出す。


結果を出した後は
「情報」を発信していきます。

 


この手法でこれだけ稼げました!

 

このノウハウを〇〇円で販売します!

 

 

 

そしてまた情報に対する感度の高い方が実践し、結果を出す。

そして情報発信へ....。

 

 

この流れが長く続いたらどうなるのでしょうか?

 

 


1.まずは参入者が増えます。
当たり前の事ですが、とても大切な事実
です。

 

 


2.価格競争が起こります。
値引き合戦になって、全体の相場が
崩れます。

 

 


3.利益を取れる商品が減ります。

 

 

 


4.仕入れが困難になります。
そして仕入れに膨大な時間が掛かる。

 

 

 


5.自分の利益が下がります。

 

 

 


6.情報を教えられる相手が減ります。
(月2万円稼いでる人が、月30万円
稼いでる人に教える事は不可能)

 

 

 


7.稼げなくなり、フェードアウトする人が増えます。

 


となります。

 

 


最近では
巷の多くのせどらーが稼げないという事態も発生しています。

 

 

仕入れ価格 − 販売価格 = 利益」

 


の公式が成り立つ単純なビジネスモデルでさえも稼ぐ事が困難になりつつある。

 

どんどん参入者が増えていっているからですね。

 

 


既にパイが大きいビジネスモデルで、パイが大きい分野を教えられても中々稼げません。

 


参入者が多いから。

 


では、どうするのか?

 


そこで“ニッチ”という言葉の登場です。


ニッチとは隙間という意味で使われます。


有名企業や競合が少ないいわゆる
「隙間産業」です。

 

 


既に多くのライバルがいる分野で頭1つ抜けるのはかなり難しいですよね。

 

 


しかし、ライバルが少なければ少ない程、

トップに登り詰める事が容易になります。

 


例えば

・100m走で世界一になる
・アイスの種類と特徴を世界一多く覚える

 

 


どちらが簡単かと言うと、恐らく後者です。笑


前者はウサインボルトに勝たなければなりません。

f:id:lonewolfponpoko:20170415091736j:image


しかし、後者はほんの数名のアイスに詳しい方との競争です。

 

 


アイスの種類と特徴を覚える事なら、本気でやれば世界一になれそうじゃないですか?

 

 


そしてその分野で飛び抜けて


マネタイズできれば、その市場はあなたの物です。いわゆる独占状態です。

 

 

アイスを食べて、アイスの情報を仕入れて、アイスの事を人に教える。

 

 


アイスを世界一熱く語れる様になったあなたは、その分野で飛び抜けた存在になります。

 


例えが分かりづらいですね。笑

 

 

物販に置き換えましょう。

 


例えば個人で
「洋服」を売る場合と「アトピーに効く漢方薬」を売る場合を考えましょう。

 

例えですので、アトピーに効く漢方薬を提供している方がほとんどいないと仮定して下さい。

 


参入者は圧倒的に洋服が多いでしょう。
需要が圧倒的に高い+誰でもできるからです。

 


それに対してアトピーに効く漢方薬


この漢方薬キリマンジャロの5合目にしか咲かない花を煎じて作られる希少な物です。

かなり高価です。しかし絶大な効果を発揮します。

 

 

参入者は少ないですよね。
というかほとんど居ませんよね。


まずキリマンジャロなんて多くの人が行きません。
そして需要も洋服より少ない。

 

 


ある特定の、この場合アトピー性皮膚炎の患者さんのみに需要があります。

 

 

しかし、同時に参入者も少ないのです。

そして、アトピー性皮膚炎に対する特効薬が近々できる可能性も低い。

 


となれば、ある一定の割合から需要はある訳です。

そして、参入者が少ない。

 


参入者が少ない理由として、

 

そもそも情報が少ないので稼げるのかどうかすら分からない。が挙げられます。

 


あなたがそこに参入して漢方薬を販売するとどうなるか。

 


ほとんど一人勝ちですよね。

 


そして、口コミで広がる。

そうすると情報を欲しがる人が少しずつ現れます。

となれば、流れは同じです。


参入者が徐々に増え続けていつか飽和します。

 


ここまで、長々と書いてきましたが、中々飽和しない分野が存在します。

 

 

“専門性の高い”分野です。

 

”楽に稼ぎたい”、”早く稼ぎたい”というのが人間の性というものです。


なので、多くの方はモノレートを使えば簡単に利益が出るか分かるせどりを始めます。


実際私はせどりもしていますが、とにかく簡単ですよね。


しかし、参入者が増えると利益が出る商品も少なくなります。

物が溢れかえっているこの世の中なので、直ぐに稼げなくなるなんて事は殆どありません。


が、やはり徐々に難易度は上がります。


なので、ニッチな分野にできるだけ早く参入する必要があります。


私が革靴転売を始めた理由の1つもここにあります。


・物自体も無くならない
・需要もある(ビジネスマンや革靴好きな方)
・参入者が少ない

 


始めた方が良いに決まっています。

 

実際に毎月7〜10万円程度、副業で稼ぎ続けています。
月1回、1日かけて仕入れて5〜6万円利益を出す。ちなみに県内だけです。

 

愛知県の参入者が100名とかになってくると流石に難しいです。

 

が、参入者が中々増えないんですよ。

 

何故なら面倒くさそうだし、難しそうだから。
専門知識がある程度必要だから。

 

実際難しくないのに。

 

実際の店舗仕入れは5分程度です。たったの5分。
リペアに一足大体30分。

その結果、3000円前後の利益。


覚える事はブランドやリペア方法等ありますが、初月で利益7万円以上です。

如何に再現性が高いか分かります。


自分だけ稼ぐのが目的であれば、既に使えなくなったノウハウを販売してもいいです。


しかし、絶対に長くは続きません。


稼げないノウハウであれば、参入者から恨まれて悪評が立ちまくって淘汰されます。

 

 

この様に、何か1つのスキルだけに依存するのは大変危険です。


抽象度を上げる必要があります。

 

身に付けるスキルを

「革靴転売、家電せどり

とせず


「転売、せどり」にします。


「転売、せどり、情報発信」だと尚良いと思います。


家電せどりが飽和しても、他のせどりでやっていけます。


何か1つを極めても良いですが、その分野が飽和した時の事も考えておいた方がいいですね^ ^


では、長々とお付き合い頂きまして
ありがとうございます。


またお会いしましょう。

 

今日からブログ始めます。

 

初めまして!

 

少しだけ自己紹介させて下さい。

 

 

愛媛生まれ愛媛育ち。好きな言葉はポンカン。

24歳サラリーマンのかずです。

f:id:lonewolfponpoko:20170413235753j:image

 

人生は旅だと思っています。

必ず南極を含めた6大陸一人旅で制覇します!

写真はスペイン→フランス行きのTGV内で。初海外一人旅でヨーロッパ(スペイン、フランス、ドイツ)へ。

 

そこから人生について真剣に考える事が

多くなり、趣味に人生哲学が追加されました。

 

よく草なぎ剛さんに間違われます。笑

 

 

 

このブログで発信する内容は

 

・一般人が一般人から脱却するには

・サラリーマンが自由を得るには

・ネットビジネスの可能性

 

 

等々リアルタイムで感じている事です。

 

 

これから毎日の日課として1記事ずつ投稿していきます。

 

 

 

それでは記念すべき1記事目でした。

 

最後までご覧頂き、ありがとうございました。

またお会いしましょう!

f:id:lonewolfponpoko:20170414001004j:image